インデックスに戻る

ENDSS II

最新アップデート

ENDSS2_20912B3500_DSS_Update.zip

※アップデートを実行する際には、ソフトを終了させてから実行してください。

アップデート内容

20912B3500 (2020/10/13) 機能改善・新規追加

Excelファイル形式での入力パワーデータの出力機能を追加。
[ファイル]→[エクスポート]→[入力パワーデータ]

20911B3480 (2020/08/07) 機能改善・新規追加

Universal Fileのデータ形式(Power/Linear)に対応。

20911B3460 (2020/08/04) 機能改善・新規追加

B&Kシステムからの、実数形式Universal Fileの読み込みに対応。

20910B3440 (2020/04/17) バグ修正

実験データが格納されたタブをダブルクリックすると挙動がおかしくなる場合がある問題を修正。

20910B3430 (2020/03/19) バグ修正

英語版でMaking Experimental PlanのView/Editをクリックすると落ちる不具合を修正

20910B3410 (2020/02/25) バグ修正

Universal Fileのファイルファイズが大きすぎて読めない対応

20909B3400 (2019/12/03)

実験後にセンサー情報を変更して、実験データを再計算する機能

20908B3380 (2019/09/17)

License Server Token制に対応

20908B3370 (2019/09/09)

入力エネルギーをテキストで吐き出した際に、DMSで読み込むことができない不具合を修正

20908B3360 (2019/09/02)

Universal File読み込の"最初のファイルのRPMに揃える"オプションを有効にした場合で、 Universal File間の計測時間が大幅に異なると"RPM detection"
エラーになる不具合を修正

20908B3350 (2019/08/27)

従来通りの入力パワー出力時に、回転数を変更することができない不具合(B3290以降で発生)を修正

20908B3340 (2019/07/26)

解析プロジェクトで入力パワーを算出使用とすると落ちる場合がある不具合を修正.
異なる回転数のデータを平均する機能で,Oder Trackingが内挿ではなく近いRPMの値がそのまま使用されていた不具合を修正.

20908B3320 (2019/07/12)

Order Trackingの解析プロジェクトにおいて入力エネルギーの周波数が歯抜けになる不具合を修正

20908B3310 (2019/07/12)

最初のファイルのRPMに揃える 機能で、RPM検出エラーが表示されて2つ目以降のUniversal fileが読み込まれない不具合を修正

20907B3290 (2019/05/30)

一部のUniversal Fileのみを再度読み込み行う機能

20906B3280 (2019/05/15)

複数のFront End&PCでの測定データで、微妙に測定時間が異なる測定時間を同一視する機能

20905B3270 (2019/05/05)

Universak Fileによっては、読み込み途中にソフトウェアが落ちる不具合を修正。

20905B3260 (2019/05/04)

複数のFront End&PCでの測定データで、微妙に異なるRPMを同一視する機能

20904B3250 (2019/04/07)

異なるマイク数(LP数)の同一サブシステム,および途中のLP番号からのUniversal Fileを読み込むと落ちる不具合を修正

20904B3240 (2019/04/04)

1) 読み込んだユニバーサルファイルにターゲット(車室)のデータがない場合に落ちる不具合を修正.
2) ユニバーサルファイルを読み込んだあとに表示される"読み込んだユニバーサルファイルのデータチェック"画面に、何も表示されない場合がある不具合を修正.

20904B3230 (2019/03/15)

一つのサブシステムに割り当てられる最大LP数を60まで拡張

20903B3220 (2019/02/13)

SPL等のデータ表示時に,初期表示時にRPM移動平均チェックの状態が反映されない不具合を修正.

20903B3210 (2018/12/18)

外部実験データ読み込みで,複数回加振の実験データをまとめて読み込めるように修正
(従来は1回分の加振データ毎に読み込む必要があった)

20902B3200 (2018/11/08)

1)ネットワークライセンスサバー対応
2)最新版確認/自動実施
3)アップデート履歴表示

20901B3190 (2018/09/19)

横軸RPM - 縦軸SPL(O.A.) データ表示/解析機能

20808B3180 (2018/09/04)

Matrix計算の高速化(モデルをFlexureのみで扱う)

20807B3170 (2018/02/04)

VINMDで作成されたNVEDMSからプロジェクトファイル作成すると落ちる不具合を修正.

20807B3160 (2017/07/19)

実験ツリーアイテムをダブルクリックして複数回の実験データを平均してデータを表示させようとすると強制終了する.

20807B3140 (2017/07/18)

1)LMSからユニバーサルファイルを読み込む際に,RPM値がLMSとずれる不具合を修正.
従来は読み込んだユニバーサルファイルから開始RPM,終了RPM,ΔRPM相当に換算して処理していたのを読み込んだRPMをそのまま使用できるようにしました.
2)ギアの歯数とRPMから必要な周波数が決定されるので,ユニバーサルファイル読み込み時の周波数設定タブを廃止しました.